在宅ネット副収入!情報商材アフィリエイトで稼ぐ★初心者お金持ち副業方法

サラリーマンをしながら、アフィリエイトをがんばっています。 Fといっしょにアフィリエイトでお金持ちになりましょう!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何を売るのかと申しますと
知ってる人は知っている、知らない人は
全く聞いたことがない


「情報商材」というものを売ります。


全く聞いたことがない、という人は、「何ぞや??」と
思うかもしれませんが、読んで字のごとく「情報」の本
になります。


「え、情報の本って何?」
はい、はい、それではご説明しますと、


例えば、今日突然大きな事件が起きたとします。
それは「情報」となり、ニュース番組で一斉に
報道されます。


そしてそのことについて、どんな小さな情報でも
報道関係者は躍起になって集めようとします。


その集めた情報は、事件が起きた当初は、
絶大なる価値があるものですが、


日が経つにつれて、だんだん
価値のないものになっていきます。


つまり「情報」というのは生きているのです!
(決まった・・・・)


その「情報」を本にしたのが「情報商材」
というものです。


どんな情報商材があるかというと
例えば、お金儲け、恋愛、美容、学習など
さまざまなものがあります。


そして、その情報商材の販売で人気があるのが
インフォトップというASPです。


インフォトップ
http://www.infotop.jp/two.php?pid=59205
(いろいろ検索してみてください☆)


ではなぜ「本なのに本屋で売らないの?」と、
思ったあなた。


それはクドイようですが、
「情報」が生きているからです!!・・・・決まった・・・・
もういいって(^^;


本にしないのは、いろいろな理由が
ありますが、


一番の理由は、
本にする必要がないから・・・
単純?納得しません?


では、
1.本にするにはお金がかかるから
2.本にすると時間がかかって情報が死ぬ(古くなる)から
3.本にしなくても、PDFファイルで売れるから
4.PDFファイルならネットからダウンロードができるから
5.ネットからダウンロードができるなら全国に販売できるから
6.1冊3万円とかするものもあるから本屋に置いても
  絶対に買ってくれないから
7.だから本屋さん自体も、品物を買ってくれないから・・・


「じゃ、本にする必要がないから、じゃなくて
 本にできないだけじゃん!」


そうかもしれません。



だから最終的に言えることは、
「情報」は、生きているんです!!!・・・・もう言いません(^^;



ってことで、話が長くなってしまいましたが、
情報商材を本にしないのは、
いろいろな理由があるのです。


その中でも、
一番あなたにお伝えしたいことは、
上の理由の6.にありました、


「1冊3万円もする情報商材がある」、ってことです。


高いということは、
その1冊をあなたが誰かに売ると、


その内のあなたがもらえる利益も多い、
ということです。


情報商材というのは、アフィリエイトの世界の中で
最も高い粗利率(あなたへの報酬額)商品と言われています。


よってそれをたくさん売ることで、、
あなたの収入もかなりの金額を得ることができるのです。


商材にもよりますが、大体、
3万円の情報商材を売れば、
1万円のお金があなたに支払われます。


情報商材とは誰もが喉から手が出るほど
ほしいと思う商品です。


ただならほしい、でも高いから買わない、
という方がほとんどです。


でも、その商品を
1人にメルマガで紹介しても
売れません。


10人にメルマガで紹介しても
売れません。


100人?
売れません。


1000人?
3冊売れるかも。


2000人?
5冊売れるかも・・・


5000人?
10冊売れるかも(*^0^*)


10冊×1万円=10万円!($o$)


もちろん紹介する人数と売れる冊数は
個人差があります。


でもさすがに、
10000人にメルマガで紹介すれば
1冊は売れるでしょう(^^;
誰でも(^^;


そこが「誰でも確実に稼げる」という
ポイントなのです。


しかも作業内容は毎日変わりません。
やることは誰にでもできます。



ブログとメルマガを
更新するだけです。


1日1、2時間もあれば
できる作業です。


紹介する人数が増えるほど、
作業時間を10時間、20時間に
するといったことはありません。


毎日1、2時間で
十分です。



問題は、どうやって
紹介する人を増やすか?ですよね。


誰にでもできる
簡単な方法があるんです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f100.blog116.fc2.com/tb.php/27-1600b525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。